緑内障で失明しない

緑内障で失明しない検査というものがあります。
緑内障は完治することはできませんが多くの人がそのままの状態を維持できるのが緑内障です。
完治しないと悲観的になるのはまだ早いということです。
最新の検査する機械をOCTと言います。
検査は保険がきいて、2000円くらいで負担は600円程度です。
ほとんどの総合病院はこの機械をもっているそうです。
1分くらいですぐに終わる検査なので私も受けてみたいです。
緑内障と診断されて行うのは目薬です。
眼球には形を保ったり栄養をためておく水分がある。
水分が増えると外に向かって圧力がかかって傷をつける。
流れ込んでくる水分を抑えたり、排水をよくするなどの目薬がある。
自分に合った目薬を使っていれば進行を遅らすことができる。
医療の進歩で失明するのは今はほとんどいないそうです。