バランスをとる脳

脳卒中で一命をとりとめても介護が必要になってしまうこともあります。
言葉がしゃべりにくいなどの麻痺が残る場合が多い
脳の部分によって後遺症が違います。
手の麻痺は治りにくいとされています。
3か月たつとそれ以上よくならないのです。
どうして3か月で止まるのか?
脳はお互いにバランスをとって支えています。
失った機能がない方の脳が自然と補助するので、失った機能の活動が抑え込まれてしまうからです。
最新のリハビリ法があります。
磁気刺激をあたえたうえで訓練がをする方法です。
障害の受けた反対の脳に磁気刺激を与えて落ち着かせておいてからリハビリをすると、脳がバランスをとろうとすることを抑えられます。
医療の進歩と患者さんの努力で回復できるのです。